RED WING(レッドウィング)の通販サイト|mischief SNEAKER STYLE公式オンラインストア
 
 
  • トップ
  • フットウェア
  • 送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage
送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage
送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage
送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage
送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage
送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage
送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage
     レッドウィングの商品画像 レッドウィングの商品画像 レッドウィングの商品画像

送料無料 レッドウィング エンジニアブーツ 11インチ スチールトゥ REDWING 8271 ENGINEER BOOTS Oro-Russet Portage

商品コード : 10037957
メーカー希望小売価格 : 47,844
価格 : 47,844円(税込)
ポイント : 478
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
サイズ x 幅(ワイズ)

Dワイズ
5.0(23.0cm)×売り切れ再入荷
5.5(23.5cm)×売り切れ再入荷
6.0(24.0cm)×売り切れ再入荷
6.5(24.5cm)×売り切れ再入荷
7.0(25.0cm)
7.5(25.5cm)×売り切れ再入荷
8.0(26.0cm)×売り切れ再入荷
8.5(26.5cm)×売り切れ再入荷
9.0(27.0cm)×売り切れ再入荷
9.5(27.5cm)×売り切れ再入荷
10.0(28.0cm)×売り切れ再入荷
10.5(28.5cm)×売り切れ再入荷
11.0(29.0cm)×売り切れ再入荷
12.0(30.0cm)×売り切れ再入荷
13.0(31.0cm)×売り切れ再入荷
只今全品%OFFクーポン発行中ALLOFF5※上記コードをご注文画面でご入力下さい。※クーポンのご利用には会員登録が必要です。パトリック製品はキャンペーン対象外です。
採寸サイズ: 8.5
筒丈(高さ) 25.0cm
筒回り(外周) 37.2cm
ヒール高 4.8cm
当店にて実物を計測した値です。
商品により個体差がございますのであくまでも目安としてご利用下さい。


靴によって大きさって違いますよね?
◆サイズ選びにお悩みの方◆
当店調べではありますがサイズ目安表をご用意しました。
ご購入の際のご参考にご利用下さい。
基準値は?(当店での参考値です)
・アディダス スタンスミス
 普通/やや幅狭
・コンバース ジャックパーセル
 普通/やや幅狭
・バンズ 全般
 普通/普通
・パトリック スタジアム
 普通/やや幅狭
・グラビス ターマック
 普通/普通
・レッドウィング(Dワイズ)
 やや大きい/普通
※上記値は当店スタッフが着用した感じでの値です。サイズ選びの際の目安としてあくまでもご参考までにご活用ください。


[ ブランド ] レッドウィング RED WING
[ ジャンル ] ブーツ エンジニアブーツ
[ 素  材 ] アッパー:オロラセット「ポーテージ」レザー※
      製法:グッドイヤーウェルト
      ソール:ブラック ネオプレーンコード
[ サイズ ] 採寸サイズ 8.5:筒丈25.0cm 筒回り37.2cm ヒール高4.8cm
※商品により個体差がございます。

【人気モデルが待望の復活!】

1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという小さな町に一軒の靴工場が誕生する。町の名を冠したレッド・ウィング・シューカンパニーである。創業者は自らを「シュー・マン」と名乗るほど、靴に情熱を注いでいたチャールズ・ベックマン他、その思いに賛同した仲間14人。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。

19世紀半ば、ゴールドラッシュが西武開拓を加速し、アメリカの国土は急速に拡大し、大動脈として鉄道網がはりめぐらされました。蒸気機関車を運転するレイルロードエンジニア(鉄道機関士)のために設計されたブーツである、エンジニアブーツがレッド・ウィング社のカタログに登場したのは1936年のこと。足首に靴を密着させないプルオン・タイプで、フィットを調節するアンクルストラップと、ブーツにタックインしたズボンの裾を留めるシャフト(筒)上部のストラップの付いたブーツは、機関車のボイラーや火室から出る蒸気や炎にまみれて仕事をするレイルロードエンジニア達が求めていた靴でした。
時代が変わり、蒸気機関車の役割が自動車にとって代わられると、そのユーザーはトラックドライバーなどに変わっていきながらも、エンジニアブーツは代表的なワークブーツのひとつとして少しずつ進化を続けました。#2268はスティール・トゥを備えた頑強なエンジニアブーツとして1961年に発売され、幾度かのマイナーチェンジを経て今日に至っています。この#2268に、レッド・ウィングを代表するレザーであるオロラセット「ポーテージ」を使用したモデルが『8271』です。1995年に90周年モデルとして発売され、その後、2002年にも再販されながら、惜しまれつつも製造を中止していたモデルとなります。

※オロラセット「ポーテージ」レザー(Portage)
オロラセット・レザーは1990年代に入り、それまでのオレンジ・ブラウンのものから赤みを増した。その当時のオロラセット・レザーの色合いをそのまま残したものが、このオロラセット「ポーテージ」レザーです。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。